<< 小さな個展はじまっています | main | 2016年もあと少し >>
URAMADO個展を終えて

 

先月の10日に、URAMADO初となるテーブルサイズの個展が終了しました。

ご来店くださった皆さま、ありがとうございました。

 

見てくださった方が自由に感想など書いてくれたらと思いゲストブックを用意していたのだけれど、搬出作業を終えて帰宅してからゆっくり読んでみると、お会いしたことのない方々の書き込みがURAMADOのテーマの一部みたいに思えて、ぶわーっと、あまり感じたことのない不思議な感覚に陥りました。

 

わたし自身がハッキリした目的意識を持って制作をしているわけではないので、これはどういう意味なのか?とか、なぜこれを作るのか?など、とにかくこういう作品を受け入れにくい人もいると思います。

わたしの家族も例にもれず…笑

わたしももしかしたら、作り手にも関わらず、例にもれずなのかも知れません。

そして、この作品を見た感想で一番多いのが、頭が切れているのはなぜ?ということ。

聞かれるだろうことはわかっていても去年は答えを用意しておらず、ranbuさんに「お客さまに聞かれるんです〜」とお聞きしていて、そのときは海や湖のイメージなんですとはお答えしていたのだけれど。

なぜそうなのかという部分はきっと、わたし自身がおいおい気付いていくのかな。

今のところ、海や湖のように深く美しく、空の色を写し、閉ざされた場所ではなく解放されている―

それくらいかなぁ。

 

 

ranbuさん店主、スタッフさんからお客さまがこんな風に作品を見ていたよー、1時間ほど見ている人もいましたよーと聞いて、見てくださった方々がそれぞれの思いを持って、何かに思いを馳せて、寄せて、巡らせてくださっていること、それこそもう私の作戦に落ちてくださった!という感じで、うれしかったです。

わたしは感情を入れずに黙々と1人1人作るだけ。

そこに脚色してくれるのは、見てくださっている人の想像力であったり、経験であり、思い出であり。

手に取ってくださった方に染まり、ヒトが1人歩きすること、それがわたしの理想です。

 

 

またいつか、ヒトたちが行き交う空間を作ることができたらなぁと思っています。

 

また会うその日までー!

| 企画展・個展 |
この記事のトラックバックURL
http://salon.landetvous.com/trackback/1587263
トラックバック