寝付いてからほどなくして目が覚めてしまった日。

3時半だった。

時計を見ずにうつらうつらしていると、どこかの部屋から室外機の音が聞こえだす。

誰かの朝のはじまり。

そのうち、テレビかラジオか、賑やからしい音がかすかに聴こえてくる。

小鳥たちがさえずりだす。

朝が始まった。

今は何時なのだろう、もうすぐアラームが鳴るころだろうか。

そんなことを考えていると、目が覚めてしまうのだった。

5分起き、5分寝るような時間をいくつか過ごし、いつものように奇妙な夢をまた見るのだ。

 

続きを読む >>
| 日々 |
2016年もあと少し

2016 Kyoto

 

少し前に2016年のお正月を迎えた気がするのに、いつのまにかその2016年も終わりが近づいています。

 

振り返れば毎年目まぐるしく変化があって、ここ数年の変化というのは自分の今後にマイナスのものを残さない・マイナスにしないための能動的な動きなのだけれど、途中経過はいろいろなので紆余曲折。

でも、あせらず着実な一歩を歩んでいきたいから、小石に毛躓くときだってあるだろうけれど、あらま?とその小石を確認したらまた前を向いて進むのみ!

 

 

 

2016年の最終月は、とにかく働く1カ月でした(正しくは進行形)。

2014年の1月から3年間働いた旧バイト先には、年内まで週1で入り、週5ほど新バイト先で働いているので、今月は勤務25日、お休み6日という具合に。

家には寝に帰っているようなもの、という日も少なくないけれど、こういう働き方も今年いっぱいまでとわかっているので働けます。

来年には新バイトに集中できるし、お休みは今より確保できるし、進めていきたいこともいくつかあります。

粘土作品も頭の中では構想があって、それを早く形にしたいなと思いつつ、それは優先順位の最後辺りだから、まだまだだろうなぁ…

 

続きを読む >>
| 日々 |
URAMADO個展を終えて

 

先月の10日に、URAMADO初となるテーブルサイズの個展が終了しました。

ご来店くださった皆さま、ありがとうございました。

 

見てくださった方が自由に感想など書いてくれたらと思いゲストブックを用意していたのだけれど、搬出作業を終えて帰宅してからゆっくり読んでみると、お会いしたことのない方々の書き込みがURAMADOのテーマの一部みたいに思えて、ぶわーっと、あまり感じたことのない不思議な感覚に陥りました。

 

わたし自身がハッキリした目的意識を持って制作をしているわけではないので、これはどういう意味なのか?とか、なぜこれを作るのか?など、とにかくこういう作品を受け入れにくい人もいると思います。

わたしの家族も例にもれず…笑

わたしももしかしたら、作り手にも関わらず、例にもれずなのかも知れません。

続きを読む >>
| 企画展・個展 |
小さな個展はじまっています

 

ブログでのお知らせが遅くなってしまいましたが、テーブルサイズの小さな個展、はじまっています。

 


だれかと歩いていたような ひとりで歩いていたような

 

✴9.28.wed -10.10.mon
✴design&art ranbu

 大阪市北区大淀南1-4-20長谷川ビル301
 OPEN / 12:30〜19:30
 CLOSE / Tuesday
 ⌂ http://ranbu-hp.com

 

 

URAMADOと名付けた作品群を見ていただける、初めての個展となります。

明かりが灯る時間、裏窓に浮きぼりになる人々。
見ている側なのか見られている側なのか。
他人のことなのか自分のことなのか。
他者の中に垣間見える自分自身というものを、URAMADOの人々に投影させたいと思っています。
.
この度の個展では、誰もが持つ過去の曖昧な記憶をテーマに景色を作ります。 
人々のいるどんな景色も美しいものだと感じられますように― 

 

 

今回、店主の榎園さんがご出産のため、お姉さんがお店の手伝いをされていて、ディスプレイの苦手なわたしは2時間も付き合わせてしまったのでした・・・

でも、いろいろとご提案いただいて、素敵な雰囲気になりました✧

 

10月10日までですが、お近くに来られる方、作品を見てみたい方、ぜひお立ち寄りいただけたらと思います。

 

 

それと共に、HPの方も少し模様替え。

手描き文字はやっぱり安定…安心します。

 

 

| 企画展・個展 |
ひた走る 間に己を知り ひた走る

20160928 ranbu 個展

 

急に空気が乾燥しだして、保湿をおろそかにしていた肌がついていかない季節―

夜長な秋。

 

何度もそんな秋を過ごしてきて、そういえばこの季節には特有の愁いに襲われるのだと思い出して、わかっているはずなのに、それはいつも忘れていたころにふいにやってくる。

 

 

忙しなく日々を過ごしているはずなのに、どういうわけか過去という過去が頭の中を流れていく。

景色、匂い、その時代に耳にしていた音楽。

あの頃は何とも思っていなかった日々がやけに焼き付いていて、映像と共にいろんなことを思い出す。

目に焼き付いているものがほとんどだけれど、嗅覚はすごい。

夢の中で嗅いだ匂いを、起きてもなお、さらに数年たった今でも覚えていたりする。

道を歩いているだけで、漂ってくる様々な匂いにフラッシュバックすることも多々ある。

ただ悲しいかな、わたしの場合、聴覚にいたってはほぼ皆無だった。

似た音で再生はされるのに、その音に思い出と呼べるようなものは何もついてこなかった。

続きを読む >>
| 日々 |